は・か・せ

小学校の算数学習の現場には「は・か・せ」という言葉が浸透しています。

は・・・早く
か・・・簡単に

せ・・・正確に

 

 

誰が、いつ頃言い出したのかは不明ですが、今現在かなり広がっています。

 

 

早く

計算が早く出来ることが凄い。

これに否定的な人は少ないでしょう。

子どもたち自身もそう思っていて、同じ課題を終わらせるのに時間を競っています。

でも、本当に早くできることがよいことでしょうか。

早く・速くと急かすことが、子どもの心と頭の成長に良い影響を与えるのでしょうか?

 

ぱっと見て、反射的に答えが出ないと「わからない」という子たちへの影響は?

簡単に

早く解くためには最短で答えにたどり着くのが良い方法ですから、公式を教えて、そこに数字を当てはめて答えを出すように指導されます。

正確に

正確に答えを出すことが出来ることは大事です。もちろんその通りです。