は・か・せ

小学校の算数学習の現場には「は・か・せ」という言葉が浸透しています。

は・・・早く
か・・・簡単に

せ・・・正確に

 

 

誰が、いつ頃言い出したのかは不明ですが、今現在かなり広がっています。

 

 

早く

計算が早く出来ることが凄い。

これに否定的な人は少ないでしょう。

子どもたち自身もそう思っていて、同じ課題を終わらせるのに時間を競っています。

でも、本当に早くできることがよいことでしょうか。

早く・速くと急かすことが、子どもの心と頭の成長に良い影響を与えるのでしょうか?

 

ぱっと見て、反射的に答えが出ないと「わからない」という子たちへの影響は?

簡単に

早く解くためには最短で答えにたどり着くのが良い方法ですから、公式を教えて、そこに数字を当てはめて答えを出すように指導されます。

 

子どもたちに必要なのは、遠回りでも自分自身で試行錯誤をして考えること。

そうして見つけたやり方は自分自身のやり方となり、本当の自信につながります。

 

正確に

正確に答えを出すことが出来ることは大事です。もちろんその通りです。

だからこそ、早さを求めてはいけないのです。

 

早くやることに意識がいくと当たり前ですが、”雑” になります。

 

新人に仕事を教える時のことを考えてみればいいですね。

 

まず、これは何のためにやるのか、その理由を説明します。

そして、手順を教えながらやってみせます。

そばで見ながらさせてみます。

間違えても叱りません。

正しい手順で出来るようになるまでが上司や先輩の役割です。

 

 

まずは、理解して正確に出来るようになるのが大事です。

早さはあとからついてきます。

 

新人に、いきなり大量に仕事を渡して、はやく!無駄なく! 正確に! なんてさせないはずです。させたら、新人は仕事が身につきません。

 

ですから「はやく・かんたんに・せいかくに」 は、小6時点の到達目標であって、

単元の内容を習得する時のやらせ方ではないと思いますが・・・違うのでしょうか。