キャッシュフロー for キッズ

子どもたちは ”銀行ゲーム” と呼んでいますが、金持ち父さんシリーズのボードゲームです。

 

楽しみながら ”お金” についての知識が身につきます。

 

やり方はとっても簡単ですので、次男が年長の頃から年に2~3回やり続けています。

 

毎月のお給料と支出、そこに”不労所得(ビジネス・不動産・証券等)”という概念を組み込み、止まったコマの場所に応じて”投資”をするかしないかを判断したり、強制的に無駄遣いをさせられたりしながらゴールを目指します。

 

ゴールは毎月の不労所得が毎月の支出を上回ったら。

 

このゴールは現実世界では ”経済的自由” と言われています。

 

私は息子たちに、”一生雇われて自由と引き換えにお金を稼ぎ続ける” 以外の方法もあることを教えてあげたい。

 

いろいろな働き方、生き方があることを教えてあげたい。

 

そのうえで、自分自身で判断して選んで行ってほしいと思っています。

 

このゲームでは、子どもたちが ”資産” と ”負債” の違いを分かりやすく学べるようになっています。

 

制作者の考え方はとてもシンプルです。

 

資産:あなたのポケットにお金を入れてくれるもの

 

負債:あなたのポケットからお金を取っていくもの

 

例えば ”一戸建て” を購入したとして、そこに自分が住んでしまえばローンの返済、固定資産税、修繕費等、ポケットからお金が出ていきますから ”負債” です。

 

賃貸用物件として他人に貸し出して、家賃収入から費用(ローン、税金、修繕費等)を引いてお金が残れば ”資産” で、費用のほうが多くてお金が残らずにポケットから出ていけば ”負債” になります。

 

私が社会人の頃、あまりの忙しさに ”衝動買い” をしたくなった時がありました。

 

頭に浮かんだのは ”外車” か ”中古のワンルームマンション” でした。

 

このゲームで遊んでいたら、私が ”外車” を選ぶことは無かったでしょう(苦笑) 

 

乗る暇がないのに都内で数万円の駐車場、ハイオクガソリン、自動車税、自賠責保険、数年後に家族が出来てファミリーカーに買い換える為に半額以下で下取り…とびっきりの ”負債” でした。

 

きっと息子たちはそんな失敗はしないでしょう。

 

そうそう、おまけですがやっぱり算数の力もつきますね。

 

銀行役を誰か一人がするのですが、次男はやりたがるのでたまにさせていました。

 

「給料が1000ドルで、支出が720ドルね。1000ドル札1枚もらって、支出はこの1000ドル札で払うから、おつり頂戴♪」

 

というと、

 

「100ドル札2枚と50ドル札1枚と20ドル札1枚と…10ドル札1枚ね。あってる?」

 

なんてやり取りを小1の頃からしていましたので(笑)

 

 

 

子ども連れで楽しめる、千葉県の自然の遊び場を別サイトで紹介しています。