子どもが育つ魔法の言葉

子どもが育つ魔法の言葉

ドロシー・ロー・ノルト著

 この本も子育て中の方に是非読んでいただきたい本です。 この本に収められている ”子は親の鏡” という詩は有名ですので、一度は目にした方も多いと思います。とても良い詩で私も大好きですが、ここでは 

 

 ”こどもはみんな、違うんだ”

 

をご紹介します。 

 

 お父さんお母さんには、焦りから加熱する早期教育の動きに惑わされず、誰がどんな習い事を始めたかなど気にせず、我が子を見て、我が子の育つペースを守って欲しいのです。しかし、それが難しいのが現代子育て事情です。ぶれない子育てのために、心に刻んでおきたい詩です。

 


覚えておこう

 

子どもは、成長の設計図を持っている

 

子どもは、その子の速さで伸びる

 

子どもは、その子の時間で育つ

 

子どもは、その子の図案で実る

 

子どもは、その子の歩幅で学ぶ

 

子どもは、その子の資質で生きる

 

子どもは、その子の頭で考える

 

子どもは、その子自身の人生の約束を果たす

 

子どもは、みんな、違うんだ

 

子どもを励まそう

 

自分を大事にするように

 

人との違いを生かすように

 

全力でぶつかるように

 

よい実を結ぶように

 

愛の心を感じるように

 

この世の違いを認められるように

 

命を敬うように

 

確かな未来をつかむように

 

忘れないでほしい

 

この子は、この世にたった一人しかいないのだ

 

子どもは違う

 

一人ひとり、みんな違う

 

そんな子どもがいるから

 

この世にすばらしい

 

違いが生まれる