褒めない子育て

 

子育てを始めた頃、”子どもは褒めて育てる” という言葉に共感し褒める言葉掛けを意識しました。しかし、どうしても違和感が拭えませんでした。

 

企業で部下を育てていた時も、取組姿勢を認め、結果は一緒に喜ぶ。そういう育て方で何人もリーダーを育ててきた経験から、子どもを褒めるといいながら、”おだてている” ”バカにしている” 感じがしました。

 

”褒める” というのは何かの結果に対してかける言葉のような気がします。

 

こんなことが出来たから褒める。

こんなことが出来るように褒める。

 

誘導のような気がします。

 

私は子どもたちが、褒められることを期待して動くようにはなってほしくありません。


そもそも ”褒める” というのは上から目線のような気がします。

 

”偉いね” ”凄いね”  自分が言われたら何か嫌です。

 

 

だから私は子どもたちをめったに褒めません。

 

もちろん、心からスゴイと感じたときはその感想をそのまま口にします。

 

「なるほど~そうきたか。」

「そういうやり方があったか。」

 

「そこはパパは気がつかなかった。」

 

「それはパパには思いつかなかった。」

「それいい事だと思うなぁ。」

 

そういうことを自然に伝えるようにしています。

 

 

褒めないけれど

子どもたちを褒めませんが、子どもたちのことをよく見ています。

いつも見ているよということを目と口で伝えます。

 

子どもたちの話もよく聞きます。

聞いていて本当にうれしいから、うれしいということを子どもたちに伝えます。

 

子どもたちに、たくさん 「ありがとう」 と言います。

子どもが当番のお手伝いでも「ありがとう、助かる。」と言います。

 

自分が間違ったことをしたら、子どもたちに謝ります。

「ごめん パパが間違っていた。」 とちゃんと謝ります。

 

「すごいね!」 「えらいね!」 を連発して育てるよりも、子どもたちはしっかりとした自分自身の価値観、判断基準を作り上げていくのが、今ならよくわかります。